クレジットカードとポイント還元

クレジットカードは便利な商品ですが何といってもそれ以上にお得な商品です。何故なら同じ額を支払うのであってもクレジットならポイントが付与されるので何もつかない現金よりお得というわけです。ただカードによっていくら使ったらいくつポイントが貯まるか、といったポイント還元率は異なるので商品を選ぶ際の重要な比較項目の一つとなっています。


クレジットカードのポイントはどのように貯まるのか

まず注目すべきはそのクレジットカードのポイント付与です。ポイント付与からはいくらの支払いに対して何ポイント貯まるか、いくらからポイントが発生するかといった情報を得る事ができます。例えば「1pt/100円」なら100円毎に1pt貯まり、「10pt/1000円」なら1000円毎に10ptのポイントが貯まる事になります。しかしもし900円の商品を買う場合前者なら9pt貯まりますが後者は全くポイントを得る事ができません。こういったある種のロスを減らすにはやはり付与に必要な金額が少ない方がいいと言えます。


ポイント還元率の求め方

またクレジットカードのポイント還元率はポイント付与だけでは計算できません。還元率の計算にはもう一つ、ポイント1ptあたりの価値を求めなくてはなりません。例えば1pt=1円相当のクレジットなら1000pt貯めれば1000円相当になりますが、10pt=1円のクレジットでは10000pt貯めて要約1000円になります。この二つを参考に計算し、いくらの支払いで何円分得をするのか計算する事でよりお得なクレジットカードを導き出す事ができます。

Comments are closed.