アルバイトやパートでもクレジットカードを持てる?

クレジットカードは、満20歳以上で安定した収入を得ている方であればアルバイトでもパートでも持つことが出来ます。
条件に満たしていない人は持つことが出来ないので、注意して下さいね。
きちんと返済できる方が条件となっているので、年収やお金に関することが重要になってきます。
いざという時や念のために持っておきたい方には、嬉しい情報だと思いますよ。


クレジットカードの審査って何を見るの?

クレジットカードの審査では、年齢や住所、勤務先や年収などについて確認されます。
ですので、すでに他社から複数借入などをしている方は審査に通りにくいと言われています。
お金に関することが書かれている信用情報は、他のクレジット会社などと共有してみることが出来ますので覚えておいて下さい。
一か所審査に落ちてしまったら他でも通りにくい、というのは恐らくここにあるのだと思います。
あの会社の審査に落ちたのか、とマイナス評価につながってしまうみたいです。
もちろん、そうじゃないところもありますから安心して下さい。


返済は一括払いが良い?

クレジットカードでお買い物をすると後払いになりますが、その時リボ払いや分割払いではなくて一括払いの方がいいですよ。
何故なら、一括払いだと金利手数料が0円ですのでお得だと言えるからです。
出来れば金利手数料は、あまり払いたくないですよね?
一括払いだとそれがかかりませんから良いと思いますが、無理は良くないので自分に合った方法を選んで下さいね。

クレジットカードについて調べてみましょう!

今ではクレジットカードをお持ちの方が比較的に多いかと思いますが、皆さんはどのようにして現在お使いのカードを選ばれたのでしょうか?
そのカードを選ばれたという事は、やはり魅力があったからだと思うのですが何に観点をおいたのかとても気になります。
まだお持ちではない方でお悩みの方がいましたら調べてみることをおすすめします!


クレジットカードのランキングがあります!

現在ではクレジットカードのランキングというものがあり、そこに詳しく説明文が掲載されていますので非常に分かりやすくなっています。
色々な情報がありますので、他のクレジットカードと比較することが出来てとても参考になるかと思いますのでぜひ検索をしてみてはいかがでしょうか?
多くのランキングサイトがありますので、一か所だけではなくて何か所か覗いてみることをおすすめします。


ルールはきちんと守りましょう!

クレジットカードを発行してもらいましたら、まずは規約を確認するのが良いと思います。
そこには守らなければいけない事などが記載されていますので、目を通しておくといざという時に安心ですし、トラブルなども防ぐことが出来るかと思います。
磁気を汚さないように保管の際には気を付けるようにして下さいね!

クレジットカード申し込みの際の職業欄

クレジットカードを申し込むときには、様々な項目に記入、もしくは入力を行わなくてはなりません。その中に職業欄があります。会社員であれば勤務先なども特定できますので書きやすいのですが、特別な技能をもって会社に拘束されず自分自身で収入を得ているというときには、どう書いていいのか迷ってしまうこともあります。自由業と自営業の違いも分かりにくいものです。


<自由業と自営業>

自営業は、自分の力で経営を行ってるものを指します。自立した上で生計を営んでいるという言い方もできるでしょう。それに対して自由業は、雇用関係をどことも結ばず、時間の拘束なく、自分自身で営んでいる職業ということになります。この二つは大変に通っていますので、そのはっきりした違いを明確には出来ません。主に自由業は、芸術家や芸能人、文筆家などになりますが、それでもやはり自営業にはかわりがありません。「自営業」のほうが「自由業」よりも、うまく使える言葉ですので、クレジットカードの申し込みで迷ったときには「自営業」を使うほうが的確です。


<フリーターという職業はない>

自由業をフリーターと同じと理解している人も多いのですが、フリーターは職業ではありません。クレジットカードの申込書に記入する場合には、「自由業」という言葉を使うことはできても、フリーターと書くのは問題です。そのような場合には「アルバイト」「パート」といった就業形態を書くとよいでしょう。

よく利用するお店でクレジットカードを作ろう

クレジットカードの入会キャンペーンや、お会計をするときに店員さんからカードの作成をすすめられたことはありませんか?もしも買い物をするお店が決まっているというのであれば、そのお店のクレジットカードをつくることでお得になるかもしれません。


お店やデパートが発行するクレジットカード

お店やデパートなどがクレジットカードを発行することが増えていると思いませんか?インターネットを利用した通信販売のアマゾンや、ゾゾタウンでも、クレジットカードをつくることができます。このメリットは、そのお店のクレカで清算を行うと、ポイントの還元率が非常に高くなることです。ポイントは通信販売のショップ内で割引などに利用できます。楽天でも、カードを作れるようになりましたよね。楽天カードを利用するとポイント還元率が上がるのも、よく目にすると思います。


デパートなどでもカード精算で得をするかも

デパートだとラフォーレや丸井、ルミネなどが発行するクレカをよく目にするかと思います。百貨店でももちろん扱っていて、中にはカードで清算せず、提示するだけでお買い物が割引されるというものもあります。ルミネではカード精算で常に5パーセントオフになりますし、セールの期間には10パーセントオフになります。自分がよく利用するデパートやお店のクレカを確認してみましょう。

クレジットカードのリボ払い

クレジットカードのリボ払いというサービスは、使い方さえ間違えなければとても便利ですが、間違えてしまうと痛い目を見ることになってしまうかもしれません。


クレジットカードのリボ払い

そもそもリボ払いとはどのようなものか説明するところから始めましょう。
例えば、あなたがクレジットカードでコートと靴を買ったとします。どちらも金額は1万円で、合計2万円です。
そして、コートも靴も2回払いで買った場合は、翌月には、コートの1回目と、靴の1回目の請求がきます。どちらも1万円の2回払いにしましたので5000円×2で、合計1万円の請求です。
しかし、もし支払いの時にあなたが「リボ払いで」と伝えていたら、クレジットカードを契約した時に設定した金額以上の請求は来ません。
例えば、リボ払いの支払額を5000円に設定していたら、翌月に来る請求は5000円だけです。


落とし穴はここだ!

もちろん、あなたが3000円のものを買ってリボ払いにしてもらい、その月はそれ以外の買い物をしなかったとしたらリボ払い設定額を5000円にしていても請求は3000円だけです。
しかし、2万円使っても、5万円使っても、全部の支払いをリボ払いにしていたら、いくら使おうと請求額は5000円です。
これで怖いのが、金銭感覚がおかしくなってしまうことです。きちんと管理と把握を出来る人ならいいですが、人によっては「いくら使っても、銀行から引き落とされる金額が5000円だけで毎月変わらないから、お店で値札を見ても、リボ払いにすればいいやという発想が出てきて、レジに持っていくまでの躊躇いが消えてしまいました」という人もいます。
これがリボ払いの一番怖いところです。先月いくら使おうと請求が変わらないのです。金銭感覚が狂ってしまうのも仕方がないでしょう。

年会費永久無料クレジットカードの活用方法

年会費永久無料のクレジットカードというのは使い方次第で、色んな「利便性」を発揮してくれます。


年会費無料のクレジットカードを活用しよう

例えば、東京都に住むRさんは、クレジットカードをピンチの時の切り札として使っていらっしゃるようです。
「ついつい楽しくなっちゃうと飲み過ぎてしまう癖があり、お店でお会計したらお財布がスッカラカンということもしばしばな私は、普段は使わないけれど、どうしてもという時に使う用に、お財布の中の目立たないポケットの中に年会費無料のカードを入れています。酔った勢いで外に出て、もうとっくに終電がない時など、何度も救われています」
また、兵庫県に住むWさんも同じように「ピンチ用」として活用しているようです。
「昔の震災に遭った時、僕はまだ子供だったのであまり覚えていませんでしたが、両親はとにかくお金がないことに困っていました。その時の震災は火事をともなうものだったので、銀行のカードなども焼けてしまい、なかなかお金が下ろせないと困っていたのです。なので、僕にも、クレジットカードを、避難用のバッグの中に入れておけと教えてくれました」


他にもこんな使い方

山梨県に住むOさんは、「ピンチを予防するためのクレジットカード」のよう。
「旦那にはお昼代として毎月決まった金額を渡していますが、それ以外はクレジットカードで払ってもらうようにしています。これなら明細で、どこでどれだけ使ったか分かるので、浮気防止にもつながっています」

クレジットカードは何時ごろ届く?

クレジットカードを選ぶ上では申し込んだカードがいつ届くかというのも気になる所です。勿論そんなに急がない、という方も少なくはない事でしょうが例えば海外旅行に間に合わせたいという方や、通販の支払い方法として急ぎでクレジットカードを必要としている人等もクレジットを希望する方の中にはいます。


クレジットカードが届くまでの時間

申し込みから審査、そしてカード発行から手元に届くまでにかかる時間の平均は凡そ1週間前後だと言われています。もちろんカードが届くまでにかかる時間は会社や商品によって異なり、審査の早い所では3日ほどで届くという場所もあれば審査の厳しい所では2~3週間かかる場合もあるといいます。また審査から発行までに信販会社の休業日が挟まる場合少し通常よりかかる日数が増える事もあります。


即日発行対応の商品も

ただ最近で申し込んだその日のうちに発行が可能はクレジットカードもあると言います。尤も郵送していたのではそれだけで日数がかかってしまうのでその多くは、申し込み後お近くの発行機からカードを発行する形になります。また基本的にはインターネットからの申し込みでのみ即日発行は対応しているケースが多いようです。

クレジットカードとポイント還元

クレジットカードは便利な商品ですが何といってもそれ以上にお得な商品です。何故なら同じ額を支払うのであってもクレジットならポイントが付与されるので何もつかない現金よりお得というわけです。ただカードによっていくら使ったらいくつポイントが貯まるか、といったポイント還元率は異なるので商品を選ぶ際の重要な比較項目の一つとなっています。


クレジットカードのポイントはどのように貯まるのか

まず注目すべきはそのクレジットカードのポイント付与です。ポイント付与からはいくらの支払いに対して何ポイント貯まるか、いくらからポイントが発生するかといった情報を得る事ができます。例えば「1pt/100円」なら100円毎に1pt貯まり、「10pt/1000円」なら1000円毎に10ptのポイントが貯まる事になります。しかしもし900円の商品を買う場合前者なら9pt貯まりますが後者は全くポイントを得る事ができません。こういったある種のロスを減らすにはやはり付与に必要な金額が少ない方がいいと言えます。


ポイント還元率の求め方

またクレジットカードのポイント還元率はポイント付与だけでは計算できません。還元率の計算にはもう一つ、ポイント1ptあたりの価値を求めなくてはなりません。例えば1pt=1円相当のクレジットなら1000pt貯めれば1000円相当になりますが、10pt=1円のクレジットでは10000pt貯めて要約1000円になります。この二つを参考に計算し、いくらの支払いで何円分得をするのか計算する事でよりお得なクレジットカードを導き出す事ができます。